4月10日から「2018年版青本・領域別」予約販売開始!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年4月10日より、2018年版青本の予約販売が開始されました!!

今回の記事は簡単なお知らせになります。

青本は、私が使っていた時よりも色が薄いみたいですね。ターコイズブルーできれいです。

この参考書に1年間お世話になるんですね~。何回も言ってますが、薬ゼミに通う方はどうぞ宜しくお願いします!

スポンサーリンク

目次

2018年版青本【薬ゼミ】

予約販売・発送時期

予約開始:2017年4月10日~ 薬ゼミブックス ウェブストア↗

順次発送:2017年4月17日~

薬ゼミブックス ウェブストア商品は割引対象外

大学のブックセンターだと2~3割引してくれるところが多いと思うので、現役の方は大学で購入して下さい。

また宅浪される方、薬ゼミに通うけれど教室説明会に出席できなかった方は、薬ゼミHPから購入しましょう。

2018年版国試対策参考書×1セット

ネット価格(税込)32,659
 
≪第103回国家試験対策本≫
日本で一番使用される国試対策の決定版! 40年で培われたノウハウと高い信頼!!
 

領域別既出問題集〔改訂5版〕【薬ゼミ】

領域別既出問題集(第95回~第101回までの過去7年分の問題)

薬ゼミブックス ウェブストア↗

 


第100回薬剤師国家試験合格 サイト管理人YYKより

YYKです。過去問はやり込みが大切ですので、自分に合いそうなものをチョイスし、1年間それだけを繰り返すことが重要だと考えます。ですので、基本的にはどの参考書を使用してもいいと思います。

しかし私個人として、過去問題についてはメディセレを推します。

➡ メディセレを選んだ理由


 

最後に

初めて青本全冊を手にした時、ボリュームにびっくりすると思います。目安として、こちらの記事を参照して下さい。

➡ ページ数で見る薬剤師国家試験合格の為の勉強量

しかし、全ページを細かく読む必要はありません。

過去問ベースに勉強を行っていくことになりますが、そのお供として、調べものや確認の為にうまく使っていけばいいのです。

ですが、青本全体に目を通す時間が多いに越したことはありません。

矛盾しているようですが、このバランスが難しいのです。

細かくやり過ぎても間に合わない、雑にやっていては現行の薬剤師国家試験には太刀打ちできません。

時間はかかりますが、過去問を解きながら青本を使って調べる、読んでみる、といった地道な勉強が後々効いてきます。

コツコツ頑張っていきましょう!

スポンサーリンク