Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

予備校生はプロニート、アマチュアニートに分かれる。【教室説明会案内メール来たよ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第102回薬剤師国試終了後にすぐ申し込みをした薬学ゼミナール。

➡ 薬ゼミ申し込みの流れ

もう教室案内のメールですか?(申し込みから3日後)

早くない?(笑)こんなもんなんですかね。

全日制コースの中に青本の金額は含まれていないんですが、教室説明会に出席することによりなんと!!

2018年版青本プレゼント!!

…よく分からん制度ですが、全冊セットが3万くらいするので助かります。3万稼ぐって大変。今週末に早速出席予定ですが、予備校なんぞ19,20歳以来ですよ。緊張。

でもよく分かんないんですけど、ワクワクもしてるんです。

薬学部卒業後は適当に生活していたので、ちゃんと目標がある1年というのが久々すぎる。浪人・留年をしておいて言えることではないですが、勉強は基本的に嫌いではありません。点数が伸びない時期は辛いですが、伸びだすととても楽しい。

浪人時代はまじで伸びませんでしたけどね(笑)

➡ 【受験】薬学部卒だけど、医学部(医師)を目指し2年浪人した話でもしよう。

そこで、なんですが、何故人は予備校に行くのか。

一番の理由は、一人で勉強ができないからです。スケジュールが立てられない。

一人で勉強できるならまず、国家試験に落ちません。留年しません。

だから自分を恥じることはないです。予備校に通う人たちは皆仲間。

自分と同レベルのニートです。

でもその予備校生の中でもランクがあります。

これは2浪時代に友人と話してたんですが、私は浪人も留年も国試落ちも経験していますので、プロニートです。みなさんはまだアマでしょ。大したことはないです。若いですし、自信を持って1年間頑張ってください。私も頑張りますけどね(笑)

しかし、お金を出してくれた親御さんには感謝しなければいけません。

当たり前だと思ったら駄目です。こんな経歴の私が言ってもゴミくずなんでさらっと流して下さいと言いたいところですが、長く生きている分、これは間違いないです。

そこで、これからの予備校生としての1年、みなさんの楽しみは何になるかと言いますと、一番は自分の成績が上がっていくことだと思います。私も自分自身がそうあってほしいです。

1年間、普通の人は金もないしバイトもフルでできないので、少し遊べても帰ったら勉強が待っています。

リフレッシュは大切ですが、中途半端に遊びまくるより、この1年を勉強に捧げるつもりでやった方がいいでしょう。それは私もできるか不安ですが、かかってる金のことを考えるとやっぱやるしかないんです。

出席だけでもきついらしいので、ヒーヒー言いながら通うことになると思いますが、1年間頑張れば春が来ると信じ、日々知識を積み重ねていきましょう!!

そういえば薬ゼミからメールが来たよとタイトルにも書きましたが、初薬ゼミについてはレポ記事を書いていきます。

教室説明会内容としては、

  • 第103回薬剤師国家試験合格に向けてのガイダンス
  • 全日制カリキュラムの説明
  • 第102回で難易度の高かった一部の科目の体験講義
  • これからの勉強のやり方等の相談会

な感じらしいです。

薬剤師免許取得まで頑張りましょう!!

免許くれ!!!!!

スポンサーリンク