Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

第102回薬剤師国家試験 大学別合格者数【合格率順】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第102回薬剤師国家試験の大学別合格者数について、合格率が高い順に表にまとめました。

新卒のみではなく、既卒者も含めています。そちらの方がより正確です。

留年を多くさせている大学も多いため、同時に確認する必要があります。

スポンサーリンク

目次

第102回薬剤師国家試験の大学別合格者数(既卒含む)

国立大学:赤色/公立大学:青色/私立大学:白色

大学名 受験者数(名) 合格者数(名) 合格率
いわき明星大学 61 59 96.72%
金沢大学 42 40 95.24%
広島大学 45 42 93.33%
近畿大学 162 150 92.59%
九州大学 40 37 92.50%
名城大学 271 245 90.41%
東邦大学 243 219 90.12%
神戸薬科大学 298 266 89.26%
北海道大学 37 33 89.19%
京都薬科大学 397 352 88.66%
立命館大学 111 98 88.29%
愛知学院大学 160 141 88.13%
明治薬科大学 340 299 87.94%
徳島大学 58 51 87.93%
慶応義塾大学 184 159 86.41%
静岡県立大学 100 86 86.00%
岡山大学 50 43 86.00%
九州保健福祉大学 127 108 85.04%
北里大学 271 231 85.24%
福岡大学 282 240 85.11%
星薬科大学 306 260 84.97%
大阪大学 33 28 84.85%
富山大学 71 60 84.51%
武蔵野大学 148 125 84.46%
東北薬科大学 342 288 84.21%
長崎大学 56 47 83.93%
岐阜薬科大学 110 92 83.64%
昭和薬科大学 243 203 83.54%
大阪薬科大学 340 284 83.53%
昭和大学 234 195 83.33%
千葉大学 54 45 83.33%
東京理科大学 98 81 82.65%
東京薬科大学 472 382 80.93%
国際医療福祉大学 199 161 80.90%
名古屋市立大学 72 58 80.56%
日本大学 301 237 78.74%
京都大学 37 29 78.38%
摂南大学 247 190 76.92%
祟城大学 146 112 76.71%
同志社女子大学 160 122 76.25%
熊本大学 71 53 74.65%
新潟薬科大学 214 154 71.96%
東北大学 35 25 71.43%
神戸学院大学 265 187 70.57%
北海道薬科大学 277 192 69.31%
北海道医療大学 237 164 69.20%
広島国際大学 183 126 68.85%
鈴鹿医療科学大学 109 73 66.97%
東京大学 11 7 63.64%
城西大学 336 207 61.31%
帝京大学 401 253 63.09%
武庫川女子大学 262 163 62.21%
福山大学 110 68 61.82%
就実大学 124 75 60.48%
高崎健康福祉大学 96 58 60.42%
大阪大谷大学 166 100 60.24%
安田女子大学 105 63. 60.00%
金城学院大学 204 121 59.31%
北陸大学 208 118 56.73%
岩手医科大学 182 101 55.49%
横浜薬科大学 393 210 53.44%
奥羽大学 145 75 51.72%
城西国際大学 100 51 51.00%
長崎国際大学 121 61 50.41%
徳島文理大学 310 156 50.32%
松山大学 109 54 49.54%
千葉科学大学 109 53 48.62%
兵庫医療大学 207 99 47.83%
日本薬科大学 325 151 46.46%
姫路獨協大学 110 47 42.73%
帝京平成大学 355 151 42.54%
青森大学 107 45 42.06%
第一薬科大学 307 120 39.09%
その他(厚生労働大臣認定者) 1 0 0.00%
総計 13,243 9,479 71.58%
スポンサーリンク

『第102回薬剤師国家試験 大学別合格者数【合格率順】』へのコメント

  1. 名前:1977年東京薬科大学を卒業した薬剤師 投稿日:2018/01/15(月) 17:02:45 ID:b7647283d 返信

    偏差値の低い新設大学や、勉強ができない学生ばかりの大学は、卒業させないで、合格率を上げようとする。国公立大学や、伝統私大出の学生は、勉強するのでどんどん卒業してもらい、どんどん国家試験に合格する。大学に入るときに選別されるのか、大学を出るときに選別されるのかの、違いであり、勉学を怠けていた学生は、結局は、薬剤師になれない。これは当たり前の話です。4年でも、6年でも、何時の時代でも、同じだと思います。
    医師や、薬剤師、医療において大事な使命があり、いい加減な人材に国家資格を与えるのは、よいことではありません。

    • 名前:ビッツ 投稿日:2018/01/15(月) 18:56:56 ID:b6af047e4 返信

      薬学部はピンキリではありますが、国立大卒の私も現に留年していますし、現在、薬剤師国家試験対策の予備校にも通っています。
      そこで一番に思ったのは、元の学力と言うよりも本人のやる気次第なのかなと。私大の乱立でレベルが下がっているのは本当だと思いますが、それ以上に6年制となり国家試験の難易度が格段に上がりました。ベテラン薬剤師の方々は、留年、国試落ちからの6年制新人薬剤師が信じられないかもしれませんが、今やゴロゴロいます。
      今は薬学部入学も、親子共に慎重になるべきかもしれませんね。