Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仕事を辞め、薬剤師国家試験合格を目指す方が意識すべき事とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薬剤師国試浪人生には全部で5パターンくらいの人間がいる、と前記事でお話ししました。

パターン1はこちら

➡ 卒業はできたけど薬剤師国試に落ちた人。合格する為の対策を考える

今回は、私ビッツと同じく「薬剤師国家試験合格の為に仕事を辞める決意をした方」についてです。

大抵の方は毎年受験していたと思うので、ビッツより知識はあると思います。

しかし、この方たちの学力には幅があるので、薬学部卒業後にほとんど勉強していない、といった最低ラインでお話しさせて頂きます。

…私のことです(笑)

スポンサーリンク

目次

社会経験あり、から、薬剤師国家試験合格を目指す方

予備校に通う方は、人一倍きつい思いをします。

当然ですが、現役で勉強していたホヤホヤの方たちが国試浪人生として多いです。

私たちのように仕事を辞めて挑戦するのは、かなり少数派。

国試に落ちてしまった方、または卒延になった方も、私たちよりも勉強漬けの日々を送っていたはずです。

ですので普通に考えると、最初のスタートでだいぶ遅れをとっています。

さらに、最初はみんな気合が入っているので、毎日の確テでも好成績です。

➡ 【10日目】みんな本当に国試落ちor卒留組なの?~薬ゼミ生活~

上記の記事でも分かるように、すごく焦ると思います。

しかし、ここで頑張りすぎても体調を崩すので、「1日でどうにかなるもんじゃないから、気を張らずにやっていこう」といった気持ちを持つことが重要です。

薬剤師国家試験本番は2月。

そこまでにできるようになればいいのです。最初はとにかく踏ん張ろう!

スタートが遅れていても大丈夫。合格できるよ。

私は薬ゼミ5月コースに通いましたが、入校時のスタートアップ模試は後ろから3番目の成績でした。

それでも、9月の統一模擬試験Ⅰでは平均点を取ることができたのです。

➡ 薬ゼミ模試 I(第234回)を受けた結果・点数発表

クソ長いですが、月ごとの薬ゼミ生活をまとめた記事を書いたので、よかったら見て下さい。

➡ 薬ゼミ生ビッツの「自己年表(予備校生ブログ記事)」をまとめました!!

しかし、考えなしの知識の詰め込みだけでは、予備校通いの多浪生になってしまいます。

多浪生に多いのは、不真面目ではなくマジメな生徒です。

薬ゼミの言うことを全部その通りにやっていけばいいというわけではなく、絶対に自分なりの工夫が必要です。

一日中勉強、それを数ヶ月持続させていくというのは、社会人の時とは違う辛さがあります。まず勉強することに慣れなければいけません。

やることがいっぱいです。

また、現役だった子たちに比べ歳も上ですし、最初は成績も伸び悩んで辛いはずです。

しかし、その次の日の確テでたとえビリだったとしても、積み重ねていく1日1日は絶対に無駄にはならない。

俺も仕事は楽しかったし、このまま国試受験しない人生もいいんじゃないか、と何度も思いました。

でもあなたも今年、挑戦することに決めたんですよね。

仕事を辞めて予備校に通うのは、すごく勇気が必要だったと思います。

その選択を後悔しない為には、合格しかありません。

焦らず、先を見据えて自分のできることを積み重ねていければ、絶対に合格はできます。

社会経験がある方が、薬剤師国家試験に合格する為には

社会で働いた経験をプラスに変えていく。

「社会人の方が大変だよね。だってサボれないじゃん。気が抜けないじゃん。お金もらっている分だけ責任もある。だから、その経験をプラスに変えていこう。」

ずっとこの言葉に支えられました。

もちろん、受験勉強と社会人の大変さは比較できるものではないし、まず辛さのベクトルが違っているはず。

でも、それも全て分かっていて、アドバイザーの先生は励ましてくれていたんだと思う。

実際に薬ゼミに通っていて気が楽だったのは、「決まった時間に座っておけばいい」「勉強だけしておけばいい」ってこと。

いや、勉強はマジできついし薬ゼミも死ぬほどきついけどな。

でも社会人だと、「~しておけばいい」ってわけにもいかないからさ。本当にその辺は社会経験が活きてくると思う。

だから折角だし、勉強も受動的ではなく、先を見据えて行動していた経験を120%活かしていって下さい。

どうすれば効率よく進められるか、自分にはどんな勉強方法が合っているのか。

仕事をしていた人たちは現役だった人達に比べ、この辺りの考える力は持っているはずです。

だから、自信もって!!

最初は伸び悩むだろうけど、仕事でも最初はうまくいかなかったよね。でも半年後はそれなりになっていたはず。

だからできる。大丈夫です。

薬学部を卒業した意味を考えると、やはり薬剤師免許は取っておきたいと考える方が多いはずです。

薬剤師になった時に、「この仕事楽しくないなぁ」と思うかもしれないけど、この一年がんばって国試に合格できれば、薬学部に通ったことは後悔しないはずです。

同じ境遇の人間として、ほんとにほんとに応援してます!!

がんばれ!!!!

スポンサーリンク

『仕事を辞め、薬剤師国家試験合格を目指す方が意識すべき事とは』へのコメント

  1. 名前:ヒル 投稿日:2018/11/03(土) 02:56:01 ID:7865a5574 返信

    私も社会人ですが、薬剤師国家試験に挑むつもりです。
    不安はぬぐいきれてませんが、貴殿の言葉に勇気をもらいました。
    ありがとうございます。