薬学部進学を考えている中学生・高校生の方へ。~薬剤師から~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

稚拙な文章で申し訳ありませんが、当サイト薬剤師が返信させて頂きました。

薬学部や薬剤師という職について聞きたい、といった学生さんは多いと思いますので、ここで共有させて下さい。

今高3の薬学部を目指している学生です。

私が薬学部を目指すことにした理由は、人を助ける仕事がしたいとか、そういう立派な理由ではなく、ただ単に夢もないし資格があった方が将来安心かなと思ったからです。

でも、最近不安に思っていることがいくつかあります。

1つ目は、勉強についていけるかどうかです。私は小さい頃から勉強はコツコツ真面目に頑張るタイプで、中学でも高校でも学年1位をキープしてきました。
薬学部は勉強が大変というのはちゃんと分かっているので大学でもしっかり勉強しようと思っています。でも、薬学部の人は留年率も高いと聞いて少し怖くなっています。
私の家庭は決して裕福ではないので、まだ小さい妹もいるし留年や途中退学は絶対したくないです。
勉強を頑張りたいとは思っているのですが、薬学部の学生はやっぱり頭がいい人も多いだろうし、私がその集団の中でついていけるのか不安です。
今まで通り普通にコツコツ勉強していけば留年はしないでしょうか?

2つ目は大学生活についてです。
薬学部の人はやはり勉強で忙しいとどのサイトにも書いてあります。
私の友達は文系の子が多く、「大学生になったら一緒に〇〇に行こうね。だから今は勉強頑張ろう!」などと約束をして勉強を頑張っています。
文系の学部のように午前中しか授業がない日がある、などという大学生活を望んでるわけではありませんが、薬学部は忙しいと聞くたびに、土日も休まず家でレポートとかをして過ごさないといけないくらい忙しいのかな……?と不安です。
高校ではバイトも禁止だったので、大学生になったらバイトもしてみたいと思っていました。でもそれは無理なのでしょうか?

3つ目は将来についてです。
私が薬学部を目指すことにしたのは、はじめに書いた通り将来安定かなと思ったからです。
でも調べてみると、薬剤師はそんなに給料が高いわけでもないし、むしろ高いお金払って6年も大学に通うのに薬剤師程度の給料じゃ割に合わないという意見がいくつか見られました。
将来安心かなと思って薬学部を選びましたがそれは間違いなのでしょうか?
国公立がダメだったら私立の薬学部に進もうと考えていましたが、両親に高い学費を払ってもらうのにそんなに将来儲からないならやめといた方がいいんでしょうか……

長々とすみません。回答よろしくお願いします。

➡ 【現役薬剤師に聞く】高校生時の夢は?薬学部入学を決めた理由

以下返信

咲さん、初めまして!

薬学部や薬剤師という仕事について熱心に調べていますね。とても感心しました。同じ薬学生、薬剤師といえど、考え方は人それぞれです。咲さんが他で見たサイト様とは違う意見もあるかと思いますが、ここでは当サイト薬剤師の視点で書かせて頂きます。

> 私が薬学部を目指すことにした理由は、人を助ける仕事がしたいとか、そういう立派な理由ではなく、ただ単に夢もないし資格があった方が将来安心かなと思ったからです。

十分な理由だと思います。
現薬剤師は咲さんと同じような理由で入学し、なんとか6年まで頑張り国家試験に合格、といった人も多くいます。コメントを頂いた記事のkit先生の言葉にもあるように、「患者さんの為に」といった理由だとすれば、看護師や医師の方が断然「患者さんの為」になります。
それは病院薬剤師として日々感じていることですし、世間的にも分かっていることです。医療系ドラマで薬剤師がほぼでてこないのも察しがつきますよね。

> でも、最近不安に思っていることがいくつかあります。
1つ目は、勉強についていけるかどうかです。
> 薬学部の学生はやっぱり頭がいい人も多いだろうし、私がその集団の中でついていけるのか不安です。

中高とコツコツ頑張って勉強されたんですよね。とても素晴らしいです。

薬学部の留年率が高いのはもちろん6年間という長さや忙しさもありますが、一番は私立大の乱立で推薦を多く取っている点だと感じます。

薬学部は医学部と違いピンキリですので、勉強ができる人たちが集まる学部、と思って入ると逆に失望するかもしれません。
咲さんは、薬学部はお金がかかるという事、妹さんの事、家庭の経済状況など、しっかり考え悩まれています。普通にマジメに取り組んでいれば、勉強面に関してはきっと大丈夫です。

ただ大丈夫といっても、6年はとても長いですし実習も多いので、高校時のお友達の大学生活が羨ましくなるような時が絶対にきます。そこで踏ん張れるか、やはりそこは固い意志と根性が必要になってくるでしょう。

> 文系の学部のように午前中しか授業がない日がある、などという大学生活を望んでるわけではありませんが、薬学部は忙しいと聞くたびに、土日も休まず家でレポートとかをして過ごさないといけないくらい忙しいのかな……?と不安です。

文系学部もピンキリですが、薬学部は就活の代わりが薬剤師国家試験ですので、その分勉強しなければいけませんし必須科目も多いです。しかし・・そうですね、実際にTwitterやインスタグラム等のSNSで、現役薬学生のアカウントを覗いて見て下さい。
夏休みもしっかりありますし、旅行や趣味も楽しんでいる人も沢山います。

ブログやサイトとなるとやはり堅苦しくなるので、web検索でひっかかる情報はリアルではありますが、かなりオーバーなところもあります。当サイトも、薬学生の生活に関して堅苦しい記事も書いていますが、実際の私(YYKの場合)は、学生時にバイトも趣味も存分に楽しみました。

バイトに関しては、6年間塾講師をさせて頂きましたし、短期で交通整備や花屋さん、ホテルでもバイトをしました。サークルもやっていたので、ここだけを切り取れば一般的な大学生となんら変わりのない生活を送っていることが分かると思います。
そんな生活は、SNSで薬学の女の子が書いてくれていると思うので是非(笑)

高校でもそうですが、「進学校に入ったから楽しくない」というわけではありませんよね。それなりに楽しいことはあるはずです。

というのも、外を見れば大学受験時期に遊べている高校生もいますが、自分の教室を見ればみんな必死に勉強を頑張っていると思います。
それは薬学部でも同じで、他学部より確かに辛い時もあるはずですが、そこにいる薬学の仲間も同じ気持ちです。
ですので、その新たな仲間とマジメに勉強に取り組んでいけば、趣味も遊びもできないことはひとつもありません。

ただ遊べない、時間がない、と言っているだけでは言い訳になってしまいます。結局は自分次第!どうとでもなるのです。

> 3つ目は将来についてです。
私が薬学部を目指すことにしたのは、はじめに書いた通り将来安定かなと思ったからです。
でも調べてみると、薬剤師はそんなに給料が高いわけでもないし、むしろ高いお金払って6年も大学に通うのに薬剤師程度の給料じゃ割に合わないという意見がいくつか見られました。

将来安心かなと思って薬学部を選びましたがそれは間違いなのでしょうか?

これは考え方次第ですが、将来とにかく沢山のお金を稼ぎたいのであれば、極端な話、それは不安定な仕事に就くということになります。東京でビッグになるぜ!自分の店出すぜ!といったようなこと。

そこには資格持ち、いわゆる「人生の保険」は必要ありません。

技量や運次第でゼロにも百にもなる仕事には、夢もありますがリスクも大きいです。この生活を続け、定年まで安定した収入が得られるのは全体の何パーセントなのでしょう?

冒険できる人はまず、薬剤師を目指しません。

公務員だってそうです。なぜ日本人は公務員になりたがるのか。

どんなに頑張っても爆発的に給料は増えないにも関わらず、なぜ皆そこを目指すのでしょうか?その理由は、将来に不安があり、とりあえず地道に安定した生活をと望んでいるからです。高望みはせず「安定」を重視している人が多いんですね。

咲さんの言う「安定」というのが、人生のどの辺りまでのことを言うのか、何を重視しているかによっても変わってきます。

20代は好きな仕事をやってみて30前後で転職、といった人が世の中には多くいますが、これでも全然生きていけます。むしろこれが普通でしょう。

ただ、資格持ちが「安定」と思っている人にとってはこれさえも危険な道なんですよ。普通に生きていける道さえも怖いのです。私はそれを「冒険」と捉えていたため、薬学部に進学しました。

何だか夢のない話ですが、薬学部を選んでいる人は良くも悪くも慎重な人が多いと感じます。人生の保険をいくつもかけておかなければ!といった具合に。

ちょっと寂しいことですが(笑)

咲さんが心配しているように、確かに薬学部は留年率も高いですし、20代30代の薬剤師の給料だけを見ればリスクが高いと感じるかもしれません。

しかし何とか薬剤師になることができれば、長年働き続けられると言った点で「高給取り」な職業であることに変わりないと考えます。

でもそれだったら看護師や理学療法士は4年大だし、そっちの方がいいんじゃない?といった考えも全然アリですが、私個人が思う薬剤師のメリットをいくつか挙げます。

① パートでも給料が高い
これはママ薬剤師の方がよく言っていますが、週数回のパートでも十分な小遣い稼ぎになります。子育てを考えるならば持ってこいの職業です。他の医療系職種はここまでパート募集はしていませんし、給料も違ってきます。

② 他の医療系職種に比べ、体力的にはきつくない
ここも重要です。長い目で見て定年まで働き続けると考えた時に、やはり薬剤師は仕事を続けやすいです。ブランクがあってもある程度やっていけます。

③ どこでも働くことができる
これは資格持ちであれば全部に当てはまるかもしれませんが、その中でも薬剤師に関しては、どんなに田舎だとしても薬局がコンビニと同じくらいありますよね。職場も選択しやすいですし、断然復帰しやすい職業です。

④ 一人でも生きていける
これは究極ですが(笑)私が薬学部を目指した理由の一つはここです。自分の家庭を含め、様々な家庭を見てきました。本当に人生は何が起こるか分かりません。

幼いながらに「一人でもなんとかできるくらいには自立した女性でありたい」と思ってきました。もし結婚したとして、相手がどうしようもなくても、または死別しても、家庭を守っていくには安定したお金が必要です。私も他に夢を持っていましたし今でも野望はありますが、ただ、薬剤師になって後悔はしていません。

特に女性にとっては、これほど「安定」した職は他にないと自信を持って言えます。人生は長いです。


やっと国家試験に合格した!薬剤師になれた!と思っても、特に病院では初任給がとても低いです。初めは絶望です(笑)

薬学部は働き始めがかなりマイナスからのスタートですし、損をした気持ちになるかもしれませんが、これは資格なしの4年大にも同じことが言えます。就職が全てではありませんが、学部とは何も関係のない職に就いている人も多くいますよね。

それこそ、「これならば他大学でも良かったのでは?この大学を出た意味は?」と悩む種にもなってしまいます。

しかし薬学部に関して言うと、資格さえ取ってしまえば「薬学部を卒業した意味」というものがしっかり付いてきます。これは大金をかけ大学に行くことを考えると、とても重要なことだと思うのです。

他学部であっても、額は違えど安くはないお金がかかっています。

ここで再度、私個人の意見を書かせて下さい。本当に長い目で見ると、薬剤師という職はそこまで悪いものではないです。
もし薬剤師という仕事があまり好きになれなくても、パートでとりあえず薬剤師をして、他の夢を叶えるために頑張っている方もいます。

これも様々な考え方があるので何とも言えませんが、少なくとも当サイト協力者の薬剤師は口を揃えて言います。

「なんだかんだ薬剤師になってよかった」と。

給料だけを重視するのであれば、医者レベルには到底及びませんし不安になるかもしれません。しかしこの先 何十年と仕事を続けていく事を考えると、働きやすさ・続けやすさではダントツです。

安定かつ、そこである程度お給料を頂けるのであれば、これ以上の贅沢はありません。

何を重視するかで変わってくると思いますので、また他のサイトさんの意見もじっくり見てみて下さい。もし薬学部進学を目指すのであれば、また報告頂けると嬉しく思います。

どんな道を目指そうと、応援しています。がんばって下さい!

スポンサーリンク