第99回 必須問題【薬理】15問

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※問題と解答のみ。解説は随時更新

選択肢は順序暗記防止の為、並びをランダム化しています。

コンテンツ充実を図っていきたいと思っていますので、しばらくお待ち下さい。問題を解いた後に結果が表示されますので、間違えた箇所をメインに復習を行って下さい。


スポンサーリンク

問題・解説(準備中)

問1

次の伝達物質のうち、Gタンパク質と共役する受容体がないのはどれか。1つ選べ。
  1. グリシン
  2. ドパミン
  3. グルタミン酸
  4. γ-アミノ酪酸(GABA) 
  5. セロトニン

目次へ

問2

部分受容体刺激薬に関する記述として正しいのはどれか。1つ選べ。
  1. 受容体の立体構造を変化させる力は、完全受容体刺激薬と同等である。
  2. 完全受容体刺激薬の存在下で相乗作用を示す。
  3. 固有活性によって最大作用が決まる。
  4. 内因性受容体刺激物質の作用を変化させない。
  5. 濃度を上げれば受容体を最大限に活性化する。

目次へ

問3

ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断する頻尿治療薬はどれか。1つ選べ。
  1. オキシブチニン
  2. ナフトピジル
  3. クレンブテロール
  4. ベタネコール
  5. ネオスチグミン

目次へ

問4

麻酔下の動物に、アドレナリンを静脈注射すると急速な血圧上昇とそれに続く下降が認められた。しかし、ある薬物を前処置後に先と同量のアドレナリンを静脈注射すると血圧下降のみが認められた。前処置した薬物はどれか。1つ選べ。
  1. スコポラミン
  2. フェントラミン
  3. イソプレナリン
  4. プロプラノロール
  5. クロニジン

目次へ

問5

ブロチゾラムの催眠作用の発現に関わる受容体はどれか。1つ選べ。
  1. アデノシン受容体
  2. ヒスタミンH1受容体
  3. ムスカリン性アセチルコリン受容体
  4. ベンゾジアゼピン受容体
  5. カンナビノイド受容体

目次へ

問6

ペロスピロンが統合失調症の陽性症状を改善する機序はどれか。1つ選べ。
  1. アドレナリンα2受容体刺激
  2. セロトニン5-HT2受容体遮断
  3. セロトニン5-HT4受容体刺激
  4. ドパミンD1受容体遮断
  5. ドパミンD2受容体遮断

目次へ

問7

心臓に対する選択性が高く、頻脈性不整脈に用いられる Ca2+チャネル遮断薬はどれか。1つ選べ。
  1. アゼルニジピン
  2. エホニジピン
  3. シルニジピン
  4. ベラパミル
  5. マニジピン

目次へ

問8

交感神経終末へのノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、透析時の血圧低下を改善する薬物はどれか。1つ選べ。
  1. アメジニウム
  2. デノパミン
  3. エチレフリン
  4. フェニレフリン
  5. ミドドリン

目次へ

問9

ミソプロストールの消化管粘膜保護作用に関わる受容体はどれか。1つ選べ。
  1. セロトニン5-HT3受容体
  2. ヒスタミンH2受容体
  3. アセチルコリンM1受容体
  4. ドパミンD2受容体
  5. プロスタノイドEP受容体

目次へ

問10

ヒドロコルチゾンの薬理作用として誤っているのはどれか。1つ選べ。
  1. 尿中カルシウム排泄の増加
  2. 感染症の誘発及び増悪
  3. 脂肪組織での脂肪分解促進
  4. 胃酸分泌の抑制
  5. 血糖値の上昇

目次へ

問11

尿酸合成に関わる酵素を選択的に阻害する薬物はどれか。1つ選べ。
  1. コルヒチン
  2. ブコローム
  3. プロベネシド
  4. フェブキソスタット
  5. ラスブリカーゼ

目次へ

問12

アンチトロンビン非依存的にトロンビンを直接阻害する薬物はどれか。1つ選べ。
  1. フォンダパリヌクス
  2. アルガトロバン
  3. ダルテパリン
  4. ダナパロイド
  5. パルナパリン

目次へ

問13

ヒスタミンH1受容体遮断作用を有する抗アレルギー薬はどれか。1つ選べ。
  1. ザフィルルカスト
  2. トラニラスト
  3. フェキソフェナジン
  4. セラトロダスト
  5. ラマトロバン

目次へ

問14

ノイラミニダーゼを阻害する抗ウイルス薬はどれか。1つ選べ。
  1. アシクロビル
  2. アマンタジン
  3. オセルタミビル
  4. リトナビル
  5. ガンシクロビル

目次へ

問15

Bcr-Ablチロシンキナーゼを阻害し、抗悪性腫瘍作用を示す薬物はどれか。1つ選べ。
  1. メトトレキサート
  2. イマチニブ
  3. ブレオマイシン
  4. ゲフィチニブ
  5. イリノテカン

目次へ

スポンサーリンク