第97回 必須問題【薬理】15問

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※問題と解答のみ。解説は随時更新

選択肢は順序暗記防止の為、並びをランダム化しています。

コンテンツ充実を図っていきたいと思っていますので、しばらくお待ち下さい。問題を解いた後に結果が表示されますので、間違えた箇所をメインに復習を行って下さい。

画像がある問題は、画像を横にスワイプして下さい。拡大されます。


スポンサーリンク

問題・解説(準備中)

問1

薬物の安全域の計算式はどれか。1つ選べ。

  1. LD50 - ED50
  2. ED50 - LD50
  3. LD50 × ED50
  4. ED50 ÷ LD50
  5. LD50 ÷ ED50

問2

競合的アンタゴニストを加えることによりアゴニストの用量‐反応曲線が矢印のように変化した。正しいのはどれか。1つ選べ。

1

1

2

3

4

5

問3

アトロピンの薬理作用として、正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 瞳孔括約筋収縮
  2. 唾液分泌抑制
  3. 消化管運動促進
  4. 胃酸分泌促進
  5. 子宮平滑筋収縮

問4

終板の持続的脱分極により骨格筋弛緩作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. パンクロニウム
  2. ベクロニウム
  3. ダントロレン
  4. スキサメトニウム
  5. A型ボツリヌス毒素

問5

フェンタニルの鎮痛作用発現に関わる作用点はどれか。1つ選べ。

  1. GABAA受容体
  2. グルタミン酸NMDA受容体
  3. オピオイドμ受容体
  4. ドパミンD2受容体
  5. 電位依存性Na+チャネル

問6

GABAトランスアミナーゼ阻害作用を有する抗てんかん薬はどれか。1つ選べ。

  1. カルバマゼピン
  2. フェニトイン
  3. ジアゼパム
  4. エトスクシミド
  5. バルプロ酸

問7

ドブタミンの強心作用発現に関わる作用点はどれか。1つ選べ。

  1. アドレナリンβ1受容体
  2. アセチルコリンM2受容体
  3. アデニル酸シクラーゼ
  4. プロテインキナーゼ A
  5. ホスホジエステラーゼ

問8

L型Ca2+チャネルを遮断することにより冠動脈拡張作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. ニトログリセリン
  2. ジピリダモール
  3. アルプレノロール
  4. ジルチアゼム
  5. 硝酸イソソルビド

問9

Na-K-2Cl共輸送系の抑制により利尿作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. チアジド系利尿薬
  2. ループ利尿薬
  3. カリウム保持性利尿薬
  4. 浸透圧利尿薬
  5. 炭酸脱水酵素阻害薬

問10

ムコタンパク質のジスルフィド結合(-S-S-)を切断して低分子化し、喀痰の粘 度を低下させるのはどれか。1つ選べ。

  1. アンブロキソール
  2. ジヒドロコデイン
  3. アセチルシステイン
  4. ジモルホラミン
  5. ノスカピン

問11

ヒスタミンH2受容体遮断作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. メトクロプラミド
  2. ファモチジン
  3. モサプリド
  4. スルピリド
  5. プログルミド

問12

甲状腺ホルモン産生阻害作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. チアマゾール
  2. オキシトシン
  3. プロチレリン
  4. クロミフェン
  5. ソマトレリン

問13

ヒスタミンH1受容体遮断作用を持たないケミカルメディエーター遊離抑制薬はどれか。1つ選べ。

  1. クロルフェニラミン
  2. プロメタジン
  3. クロモグリク酸
  4. ジフェンヒドラミン
  5. ケトチフェン

問14

セファゾリンの抗菌作用の機序はどれか。1つ選べ。

  1. RNA 合成阻害
  2. DNA 複製阻害
  3. タンパク質合成阻害
  4. 細胞膜合成阻害
  5. 細胞壁合成阻害

問15

DNAトポイソメラーゼⅠを阻害して抗悪性腫瘍作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. ネダプラチン
  2. ブレオマイシン
  3. メルカプトプリン
  4. イリノテカン
  5. マイトマイシン C
スポンサーリンク