第100回 必須問題【薬理】15問

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※問題と解答のみ。解説は随時更新

選択肢は順序暗記防止の為、並びをランダム化しています。

コンテンツ充実を図っていきたいと思っていますので、しばらくお待ち下さい。問題を解いた後に結果が表示されますので、間違えた箇所をメインに復習を行って下さい。

画像がある問題は、画像を横にスワイプして下さい。拡大されます。


スポンサーリンク

問題・解説(準備中)

問1

ムスカリン性アセチルコリン受容体には直接作用せず、アセチルコリンによる平滑筋収縮を増強する薬物はどれか。1つ選べ。

  1. ネオスチグミン
  2. ベタネコール
  3. イソプレナリン
  4. スコポラミン
  5. フロプロピオン

目次へ

問2

自律神経節において節前線維から節後線維への神経伝達を行う受容体はどれか。1つ選べ。

  1. グルタミン酸NMDA受容体
  2. セロトニン5-HT3受容体
  3. ニコチン性アセチルコリン受容体
  4. γ-アミノ酪酸GABAA受容体
  5. グリシン受容体

目次へ

問3

テトラカインの局所麻酔作用の機序はどれか。1つ選べ。

  1. K+チャネル活性化
  2. K+チャネル遮断
  3. Na+チャネル活性化
  4. Na+チャネル遮断
  5. Ca2+チャネル活性化

目次へ

問4

麻薬拮抗性鎮痛薬はどれか。1つ選べ。

  1. フェンタニル
  2. モルヒネ
  3. ペンタゾシン
  4. ペチジン
  5. オキシコドン

目次へ

問5

心筋のトロポニンのCa2+感受性を高めて、強心作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. コルホルシンダロパート
  2. ミルリノン
  3. ジゴキシン
  4. ピモベンダン
  5. デノパミン

目次へ

問6

心室筋の活動電位を下図の実線から破線へ変化させるのはどれか。1つ選べ。

  1. プロパフェノン
  2. メキシレチン
  3. プロカインアミド
  4. シベンゾリン
  5. アミオダロン

目次へ

問7

カリウム保持性利尿薬はどれか。1つ選べ。

  1. スピロノラクトン
  2. ブメタニド
  3. アセタゾラミド
  4. D-マンニトール
  5. メフルシド

目次へ

問8

胃腸管に発現する受容体で、刺激されることで消化管運動を亢進させるのはどれか。1つ選べ。

  1. オピオイドμ受容体
  2. アセチルコリンNM受容体
  3. アドレナリンβ2受容体
  4. セロトニン5-HT4受容体
  5. ドパミンD2受容体

目次へ

問9

ガベキサートの急性膵炎治療効果に関わる機序はどれか。1つ選べ。

  1. タンパク質分解酵素阻害
  2. H+,K+-ATPase阻害
  3. ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断
  4. ヒスタミンH2受容体遮断
  5. シクロオキシゲナーゼ阻害

目次へ

問10

デスモプレシンの抗利尿作用の機序はどれか。1つ選べ。

  1. バソプレシンV1受容体刺激
  2. バソプレシンV1受容体遮断
  3. バソプレシンV2受容体刺激
  4. バソプレシンV2受容体遮断
  5. バソプレシン分泌抑制

目次へ

問11

グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体を刺激する糖尿病治療薬はどれか。1つ選べ。

  1. アカルボース
  2. グリベンクラミド
  3. ピオグリタゾン
  4. メトホルミン
  5. リラグルチド

目次へ

問12

小腸コレステロールトランスポーター阻害薬はどれか。1つ選べ。

  1. イコサペント酸エチル
  2. エゼチミブ
  3. コレスチミド
  4. シンバスタチン
  5. フェノフィブラート

目次へ

問13

ダルテパリンの凝固因子阻害活性について正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. トロンビン(第Ⅱa因子)のみを阻害する。
  2. 第Ⅹa因子よりも第Ⅱa因子を強く阻害する。
  3. 第Ⅱa因子と第Ⅹa因子を同等に阻害する。
  4. 第Ⅱa因子よりも第Ⅹa因子を強く阻害する。
  5. 第Ⅹa因子のみを阻害する。

目次へ

問14

モンテルカストの抗アレルギー作用の機序はどれか。1つ選べ。

  1. トロンボキサンA2受容体(プロスタノイドTP受容体)遮断
  2. トロンボキサン合成酵素阻害
  3. ヒスタミンH1受容体遮断
  4. 5-リポキシゲナーゼ阻害
  5. ロイコトリエン受容体遮断

目次へ

問15

抗真菌薬ブテナフィンが阻害するのはどれか。1つ選べ。

  1. シトシン透過酵素
  2. ラノステロールC-14脱メチル化酵素
  3. DNAトポイソメラーゼⅡ
  4. トランスペプチダーゼ
  5. スクアレンエポキシダーゼ

目次へ

スポンサーリンク