Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

薬ゼミの国家試験対策。+α 自己流勉強法は絶対に必要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年度薬ゼミ生ビッツです。

みなさんは模試が終わり、白本講座が始まっている頃でしょうか。コンスタントに確テや週テが行われていると思いますが…どうでしょう?

模試が思ったより取れずに今必死になっている方、スバラシイです。前記事にも書いていますが、統一Ⅰで200~210点取っている人の1割は国試落ちしてますからね。

逆に170くらいだったひとで受かっている人もいる。

もちろん、確率的な話をすると点は高い方が絶対に良いですが、どんな位置にいる方も受験生である以上、頑張っていかなければなりません。

夏に多少だらけてしまった方が多いと思いますが(ビッツもそう)、模試前後はみんな入校時並みに復活して質問しまくりでしょう!(笑)

人間ずっと頑張るのはきついですもんね。

しかし、大事なことなので繰り返します。

薬ゼミの生活に慣れ、日々の勉強がパターン化してしまうとダラダラと多浪してしまうので、考えながら薬ゼミに通うようにしよう。

自分に合った勉強法を探りながら生活していけば、浪人生でも成績はグンと伸びます。だから短期記憶である確テの成績は、ほんとに気にしなくて大丈夫ですよ。

浪人生が現役生よりも伸びにくいと言われているのは、「考える力」「自分に合った効率のいいやり方」を見出す力が乏しいから。

考える力、といっても、計算問題や基礎科目をじっくりやれと言っているわけではないです。浪人生は「理解」の前に「効率」を重視した方が伸びる。

何故なら、その理解が浪人時にできるのであれば現役時に一発で受かっているはずだから。

予備校に通う目的はもちろん「国試合格」だと思いますが、じゃあその為に予備校で何するの?と考えた時に、みなさんは何が浮かびましたか?

知識を増やす?勉強をサボらない為?最新の情報を得るため?

私の場合は、「勉強の効率を学びに行くため」でした。

効率のいい勉強法は薬ゼミが教えてくれますが、ただその通りにやっても「薬ゼミ攻略」だけで終わってしまう為、ここに自分のやり方もプラスしていかなければなりません。

例えば、私ビッツの場合…

まずビッツのスペック:102回国試186点、入校時テストはケツから3番以内、8月まで成績は伸びる気配はなかったが、模試Ⅰでは190点代でなんとか平均まで追いつく。

模試Ⅱで40点近くアップ、模試Ⅲでさらに10点以上アップするも、103回国試本番は230点代で模試Ⅲより下がる。

103回国試は薬ゼミ模試よりもかなり難しく感じ、死にそうになりながら受けた。でも合格できれば何点でもいい。

浪人生に天才はほぼいないので、超凡人のビッツが薬ゼミで意識していたことをちょっと見てほしいです。

・確テの点は気にしない。無視。

知識もないし天才でもないので1日じゃどうにもならない。変なプライドは捨てる。「俺できない~」ってアドバイザーに言いながら半年過ごした。

クソ迷惑(笑)

・薬理をとにかく極める。平均ではなく、模試でも9割得点目指す勢いで。

これはオススメ。

特に俺みたいに国試本番で200点なく浪人した方!この人たちというのは、今年の国試が難しかったとか以前の問題で、必須事項が暗記できてない。

最低限の基礎が曖昧になっていなかったら、本番で200点以下はあり得ない。実際に国試で平均なかった科目をピックアップしてみて下さい。

衛生、薬理、法規、この3つの内1つでも平均以下があれば努力不足。

俺は衛生が死ぬほど苦手でずっと逃げてましたが、最後は頑張って向き合いました。衛生が得点できたから国試に受かったといっても過言ではない。

薬理に関しては、できれば統一Ⅰ前までに一通り仕上げておくと楽です。

俺みたいに入校時がケツから3番以内でも、他の科目がクソでも、薬理だけやっておけば統一Ⅰで190点越え(薬ゼミ内の平均くらい)も夢じゃないです。

・課題提出は全部しない。書き込みが無駄に多い科目もあったので、100%提出は全く意識せずに必要そうなものだけやった。

俺の教室では、薬ゼミ多浪生がマジメに提出している人が多かったので、ただの作業になってた可能性が高い。ここは薬ゼミもやり方を見直した方がいい気がする。

・薬ゼミ講師の板書は写さずに最後まで見て、考える。そこで理解できないやつは書かない。

最初の頃はどの科目もほとんどハテナだったから全部書いてた。でも勉強に慣れ始めた7月中旬くらいからは、「これ今後見ねぇだろうな。未来の俺が混乱するだろうな。」と思うやつは書きませんでした。

自分の能力にあったやり方を模索していくと「ここは捨てる」という勇気もでてきます。できない人は全部やろうとしない方がいい。

・統一Ⅱ終了までは、無駄なノートまとめをしない。付箋だとかに書かない。

本当に知識がなかったので、まとめる量が膨大になってしまうと考えました。

俺はやりませんでしたが、年末くらいに軽くまとめるのはアリだと思います。この頃は大抵のことは頭に入っているはずなので、時間もそれほどかからないはず。効率アップに繋がるかと。

でも、ノートまとめに時間を取られてんな~って人も多くいたので最小限で。あとは、他人のまとめたノートはマジで役に立たないんで見なくていい。

弱点が全く違うし書き癖がそれぞれあるし、新しい参考書を一から見る感覚と同じ。

それだったら青本見た方がいいよね。

・薬ゼミ多浪生の行動を観察し、反面教師にする。

やらしいけど、これは大事。一度浪人しただけで合格率がガクッと下がるのに、更に浪人を重ねてる人たちは?何かしら共通項がある。

個人的センスも関係なくはないけど、大体見てるとみんなクソ真面目。

マジメは悪いことではないけど、全部やろうとしてキャパオーバー、みたいな人が多い印象を受けた。色々諦められない。

統一Ⅰ後の席替えで近くに多浪生が何人かいたけど、みんな授業中ひたすら何か書いてる。メモは大事だけど、頭空っぽのまま機械的に書いても意味ない。

他にも細かいことは色々ありますが、薬ゼミの授業をベースに自己流の勉強法も取り入れつつ過ごしました。

上記内容を読んで、これ違うんじゃない?と思った記述もあると思いますが、そのモヤっとした感覚も正しいんです。

人によって何が正解か分からないし、自分で模索していくしかありません。

その土台は薬ゼミが用意してくれているので、一点だけを見つめるのではなく色々やってみましょう。柔軟性が大事!!

秋からはあっという間ですが、今はまだまだ時間にも余裕があります。

点が悪くても大丈夫。仕事してて薬学から数年離れてた俺でも、薬ゼミ1年でちゃんと103回に受かったから!!だから、みんなは絶対にできるよ。

今は考えて考えて考えて、じっくり準備する時期です。

全国の浪人生を応援しています!!

スポンサーリンク

『薬ゼミの国家試験対策。+α 自己流勉強法は絶対に必要。』へのコメント

  1. 名前:yy 投稿日:2018/06/10(日) 09:59:54 ID:74412cbf3 返信

    ビッツさん
    以前もコメントさせていただきました。
    3年の社会人生活を経て、5月コースが始まり1ヶ月。
    もともと基礎知識がなかったのもあり、毎日の確テで平均を取れたことがありません、、。
    今日はできる!と思っても平均から1点低い。
    週テもケアレスミスが多い。
    どんどん弱気になっていたところでの記事でした、ありがとうございます。
    早速衛生の確テやり直しです、やる気がでました!
    ありがとうございます(^^)

    • 名前:ビッツ 投稿日:2018/12/02(日) 08:53:58 ID:5067d9692 返信

      yyさん
      返信遅れて申し訳ありません。5月コースに通われているんですね!今大変な時期だと思います。
      6月時点でのお話になりますが、最初は平均を取れなくて大丈夫ですよ。私なんて夏も全然でしたし、秋に入ってやっと、ボチボチというところでした。何かの記事にも書きましたが、夏までの確テは短期記憶ですので、その後の復習と反復が死ぬほど重要です。受験を終えて振り返ってみるて、薬ゼミの資料で一番身になったものを挙げろと言われれば、私は迷いなく確テだと答えます。暗記科目に関しては直前期もずっと使いました。また何かあったらコメント下さい。応援しています!!