国試直前期にやってはいけないNG勉強法&解決法【本番まであと一ヶ月】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんお疲れ様です!いよいよ残り一ヶ月となりました。泣いても笑ってもあと一ヶ月!限られている時間を有効に使いたいですよね。

自分に合う勉強法は人それぞれで、正解はないと思っています。

が、やはり一般的に「これは直前期にしないほうがいいよね」といった内容は、薬ゼミ講師の話や過去の薬ゼミ生データから分かっているので共有します。

当サイト協力の薬剤師の方、内定先の薬剤師にもNG勉強法を聞いてきましたが、どれも頷くものばかりです。私も実際に一年間、薬ゼミで勉強していて感じたことを踏まえ、ダーーーっ!!と書いていきますね。

スポンサーリンク

目次

直前期(一ヶ月前)にやってはいけないNG勉強法

新しい問題に手をつける

これ意外と焦ってやってしまうと思いますが、完全NGです。

例外として、研究を年末までやっていたような大学の方、または一発逆転を狙っている方は、6年制国試分+模試3年分くらいでガリゴリ解きこんでいる時期だと思いますが、やはり凡人には危険です。

~解決法~

私立大や薬ゼミ生は、9ヶ月くらいは勉強していますので、今まで見た資料だけを使い、とにかく繰り返すべきです。特に平均点未満の方は、焦らず今までやってきたことを信じて、60%以上正答の問題でミスしている箇所を何度も解き直しましょう。

ノート作りに時間をかけすぎる

確かに、当日持っていくためのノート作りは必要な方には必要かもしれません。

私も秋頃まではYYK先生に協力を頂き、確テでいつも間違えている箇所を抽出してもらっていました。(甘えてる奴)

しかし、今はやっていません。その代わりに行ったことは下記「解決法」にて。

薬ゼミ生にも付箋に一生懸命書いてる人が多いですが、う~~~ん…なんだろうなぁ。大抵それ上位者はやってないんですよね。見てる感じでは。

模試の時も思ったけど、青本をキャリーバックにいれてガラガラ押してくる人が多くてびっくりしました。当日そんなに見れますか?といったような。不安だから全部書いちゃうし持ってきているんだろうけど、今それに時間をかけすぎるとただの作業になってしまいますよ。

~解決法~

何度も間違える箇所については、スマホを使って撮って下さい。スマホをいじっちゃう!息抜き以上にゲームしちゃう!といった方にはお勧めできませんが、私はバシバシ撮ってよく眺めています。で、覚えたな、と思った画像は削除。再度問題や青本箇所を繰り返すたびに、怪しいと思った箇所を撮る、で、削除、を繰り返しています。

かなり時短になります。書く時間を省くことで、暗記時間に替えられます。

しかしこれができるのも、今までの講義での書き込み、苦手な問題の抽出ができているからです。今まで授業で書いた板書や、青本でグリグリチェックしたところを大事にしましょう。

新しく書く必要はありません。

ですので、私は模試受験時もスマホ一台しか持っていきませんでした。周りから見たらそれも変人かもしれませんが(笑)

模試の見直しに時間をかけすぎる

以前もちょろっと記事に書きました。

➡ 「模試の点が伸びない」とは?定義を考えてみる

現時点(模試Ⅲ)で200点ない方の優先は、絶対的に6年制国試過去問です。

基礎がしっかりしていない状態で模試問題の解答を眺めても「??」になるだけだし、逆に焦るだけです。薬ゼミ生のカリキュラムとして模試見直し講座がこれから始まりますが、国試問題がしっかり理解できていれば模試見直しに時間をかける必要はありません。

白本テスト(国試過去問ベース)の得点率でデータが出ています。

➡ 【薬ゼミ】白本テスト概要。ビッツの得点率

~解決法~

【全員やること】全体が60%得点で自分が間違った問題をザッと確認。【225点以上の方のみ】間違えた箇所を全体的に見る。ここで解き直さないこと。答えを見ながらでいいので、問題の解法テクニックを確認していきましょう。
 
これからの直前期では、模試見直しに時間をかけても3日です。あとは国試過去問で、自分の間違えた箇所の繰り返し、また青本をザザっと見ていきましょう。
 

基礎科目(物化生)に時間をかけすぎる

これも書きました。

➡ 基礎科目(物理・化学・生物)の勉強法

これからの時期は本当にこいつら(物化生)をやってる暇なんてありません。もちろん、何もやらないわけではないよ。必須はとれるくらいの知識力は必要です。

しかし、今回私が統一Ⅲの結果で感じたことは、

基礎科目の理論でしくじっても、医療系科目のベースができていれば225以上余裕で取れるということ。

270点とかとっている人も薬ゼミにいますが、その人はもちろん基礎でも取ってきています。が、225で合格なんです。凡人はそれをどこで稼ぐのか?

間違いなく、薬理、法規、衛生です。

私は衛生が大の苦手です。しかし、年明けて衛生しかやってないくらいやり込んだ結果、やっぱ彼(衛生)は裏切らなかったです。

薬理、法規をやるべき理由

1、国試得点率ナンバー1とナンバー2だから

2、薬ゼミ講師も「迷ったら薬理と法規!!」激推ししているから

3、青本を無理に開かなくても既出問題で対応できるから

4、国試本番で最も裏切らない科目だから

~解決法~

物化生は年によっても波が激しく、相性も必要になってきます。今からの時期は、医療系科目の間違えた問題をガリゴリ確認していこう!基礎の理論が取れなくても受かる!!問題より青本重視でいくべき科目は、治療のみ。

一日一科目しか勉強しない

これ、今からの時期は絶対にNG!!

国家試験は30日後です。そこに記憶のピークをもっていくには、毎日満遍なく繰り返すしかありません。きちっとした性格の人ほど、毎度青本に戻ったり、深いところまで確認しようとしてしまいますが、

ここまできたのなら、ある程度ズボラになりましょう。

深いところまで勉強していいのは、貴族(250点越えとか)だけです!!!!!(笑)

我ら凡人は無理をしない!みんなが取れてくるところを確実に取る!!

それだけで225は確実に超えてきますから。

~解決法~

机についてガリゴリやるのではなく、隙間時間を使って満遍なくみていこう。これから直前講座で外部講師が来る大学も多いと思うので、一例書いておきます。
 
すきま時間・・・
薬理、法規に関しては、とにかく苦手問題に目を通す。既出問題ベースなので問題の出し方、引っかけ方を忘れないように心がけを。問題を眺めるのもしんどいという方は、治療と衛生の青本をパラパラ見よう。
 
放課後・・・
学校の講義でやった科目の青本、問題を見直そう。2時間以上かけないこと。
 
帰宅後・・・
苦手問題をチェックしまくる時間。ここは気分によって変えてOK。ただし満遍なく見ていこう。同じ箇所に時間をかけ見るよりも、繰り返した回数が多いほど記憶に残りやすい!!
 
就寝前・・・
物理、薬剤、の後半(暗記分野)のまとめ資料を眺めよう。多分、これから配られると思う。物理と薬剤は青本ベースではなく、簡単資料と既出問題でだいぶ対応ができると思ったので、寝る前だけでもいいので眺めよう。
 
 
どうでしょう。
できないことはなさそうだよね!
 
私はすぐ腰が痛くなるので、家に帰ったら椅子に座りません。寝っ転がったり立ったりしながら、資料や問題を眺めてる。で、11時には寝てる。
勉強は最初に「辛い」と思ったらずっと辛いので、自分の楽な方法で勉強していこう。
 
あまり気張らなくて大丈夫。  

最後に

まだ書きたい事たくさんあるんですが、3000字こえてたんで止めます(汗)ここまで読んでくれてありがとう!!

使えそうなものがあったら嬉しいです。

効率よく、これからいい意味で追い込みをかけていきましょう。

ぜったい合格しような!!!!!

スポンサーリンク