【受験】薬学部卒だけど、医学部(医師)を目指し2年浪人した話でもしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもビッツです。
しつこいですが、まず私の経歴をご確認ください。
 
大学受験(2浪)
→国立大薬学部薬学科(1留)卒
様々なバイトをしながらのらりくらりを数年
2018年薬剤師国家試験合格を(やっと)本気で目指す為に予備校に通う予定
 
 
始めの浪人時代2年は医学部を目指していました。
 
経歴を見てどう感じるでしょうか。
 
「HA!?!?薬学部で留年www
これは医学部に奇跡的に受かってても医者になれねーわwwwってかまだ薬剤師にもなれてないとか話にならねぇwww」
 
 
と思った方は、この先の文で何もタメになることは書いていないと思います(汗)
私ビッツは見ての通り、薬学部でも一回失敗しています。勉強する気が沸かずに単位をボロボロ落としてしまいました。
 
それも踏まえて話を進めていきたいと思います。
スポンサーリンク

 目次

なぜ浪人してまで医学部を目指すのか

祖父が薬剤師、父が医師という家系

あ~そのパターンね、というやつです。

家系というほどではないですが、医療従事者が親戚共に多く、一番は「父が医師」であるということ。しかし学生の頃、父からは「勉強しろ」とは一度も言われませんでした。むしろ小学生の頃からやっている野球に対してうるさかったです(笑)

家族からの直接的なプレッシャーはなかったので、落ちこぼれの中ではまだ恵まれた方だったかもしれません。しかし私が「医者を目指す」と父に宣言した時、とても嬉しそうでした。

口に出さずとも、私は父の期待を感じていましたし、医者にならなければと意識していたんだと思います。

夢は持っていなかったのか

全然なかったんですよね。野球をやっていましたが、野球選手になりたいとも思ったことがありません。小学生の頃から「僕の将来は医師」と自分で決めつけていたのでしょう。

薬剤師の方々の高校時代の夢、についてのトークも興味深かったのでよかったらどうぞ。

➡ 【現役薬剤師に聞く】高校生時の夢は?薬学部入学を決めた理由

10代に明確な目標を定めることは難しいです。これがリアルだと思いますね。

【大学受験】医学部→薬学部へシフトした理由

2浪目の夏に医学部受験を諦める

簡単に言うと、1年かけても成績が伸びなかったです。

現役・1浪の時に無理を承知で医学部を受験しました。

2浪目で諦めるのか?と悩みましたが、これが限界だと悟りました。高校の友人や先輩、予備校で知り合った医学部受験者を見ていると、3浪以上で医学部に通っている率は本当に低いです。

もちろん多浪している中で受かっている人もいます。

しかし私は、浪人1年目で死ぬ気で勉強しての失敗だったので、自分に見切りをつけました。今思えばそれは正しい選択だったと思います。薬学部で留年したくらいですから、なんとか医学生になれていたとしても、どこかで躓いていたでしょう。

そういえば、じいちゃんが薬剤師だった!

浪人2年目の夏。医学部は諦めた、では次どこを受けるか、と考えた時に「そういえばじいちゃん薬剤師だったな」と思い出しました。

あ~じゃあ薬学部行こう!

浅はかですね(笑)

私が思う仕事、として浮かぶものが医療系しかなかったのでしょう。

【立場】医師の次は薬剤師【勘違い】

引用元:松波総合病院

患者中心の医療、として患者さまを囲っている図をよく見ると思います。

チーム医療の中心には患者さまがいる、ということはもちろん正しいです。しかし、どんなチーム医療を組もうとも、医師がトップであることには変わりないと考えます。

きれい事は言っていられません。

薬剤師を一例とします。薬剤師は「薬のスペシャリスト」として医療に携わっていきますが、薬剤師法には以下のような規定があります。

処方箋による調剤
第23条 薬剤師は、医師、歯科医師又は獣医師の処方せんによらなければ、販売又は授与の目的で調剤してはならない。
薬剤師は、処方せんに記載された医薬品につき、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師の同意を得た場合を除くほか、これを変更して調剤してはならない。

薬剤師法

 処方箋あっての職業、いわゆる、医師がいなければ仕事として成り立たない職業なのです。これは看護師、その他医療従事者にも同様のことが言えますよね。

 

そこで薬剤師、看護師、に焦点を当てることとします。

この立場に上下関係はあるのでしょうか?

病院薬剤師に話を聞くと、

全くそんなことはない。むしろ看護師さんの方が薬に関しても詳しい方がたくさんいるし現場慣れしているから即戦力になっている」

と口を揃えておっしゃいました。

 

私は今、薬剤師の方と話をする機会が多いので、看護師さんすげぇとなっているところです(笑)みなさん看護師の話しかしないくらいリスペクトしています。

 

学生時の私は「同じ6年制になった薬剤師は、医師の次に偉いんだ!」

と思い込んでいたんですね。

今考えるととても恥ずかしいことです。

 

医師ではなく薬剤師として仕事をやっていけるのか

医療現場では医師がトップです。やたらと平等化したり張り合う医療関係者がいますが、ここは揺るぎありません。会社でいう社長と考えればいいと思います。

父が医師である中、医学部受験をドロップアウトし卒業した薬学部。

そこでも私は、薬剤師免許を取得しないままフラフラしています。

医師になれなかった子、と責められない良環境であるにもかかわらず、医療現場でトップになりたい、父のようになりたい、最高位にいたい、という変なプライドを持ったまま薬学部での大学生活を終えました。

私は卒業してから数年間、薬剤師国家試験を受けていません。

(今年第102回を初めて受けましたがもちろん惨敗です。)

勉強をしたくなかったという思いもありますが、医師じゃない薬剤師になってどうするんだ?と考えていたからです。これも偏見ですけどね。

しかし今は、一人の薬剤師(サイト管理人YYKさん)と話をし、「薬剤師国家試験を受験し、薬剤師としてまず医療の現場に立ちたい」とようやく思えるようになりました。時間はかかりましたが、やはり色々な方の話を聞くという事は大切です。

自分の凝り固まった概念を壊してくれました。

これからの私、第103回薬剤師国家試験を受験

2017年度から薬剤師国家試験予備校に通うことになっています。

久々の勉強なので今はワクワクしていますが、始まるときついでしょうね。しかし勉強するというのは、前か分かりませんがどこかに進んでいる感じはしますし、今まで適当に働いていた時間よりは有意義なものになると思っています。

予備校生なんでニートですが(笑)自分なりに頑張ります!

よかったら予備校生の1年間を見届けて下さい。応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

『【受験】薬学部卒だけど、医学部(医師)を目指し2年浪人した話でもしよう。』へのコメント

  1. 名前:薬学生A 投稿日:2017/05/08(月) 16:15:13 ID:ca542f4d4 返信

    なるほど、私もそのような環境にて育ちました。
    医療家系において、いろんな意味で、どういう風に思われるのかって考えたことありますか。父も母も、こんなあほな子を見て、呆れていましたね。
    まあ、いろんな意味で、ノンストップで六年生に上り詰めている点は評価して貰えていますが、未だに、落ちこぼれみたいな目で周りからは見られています。
    でも、医師ではできない仕事があるのも事実です。
    私自身、医療・福祉・行政を相互に連携が取れる組織を作り上げていけれるように
    医療現場において全体を俯瞰する力を持てるようにしていきたいと考えています。

  2. 名前:ひでゆき 投稿日:2017/08/27(日) 06:21:43 ID:6787ff033 返信

    ビッツさん
    初めまして、ひでゆきと申します。
    最近こちらのブログを見つけ、楽しみながら拝見しております。
    自分も医療従事者の家系(父が3代目薬局経営)で、遠回りの末に薬学部再入学し今年103回を受験するアラサー男です。
    自分も「勉強しろ、継げ」と言われたことがなく、好きなことして生きてきました。
    10代のうちに進路を確定するということは、自分も難しかったです。
    なので6年間腹括ってくる現役生をリスペクトしています、現に勉強への意欲がすごい方が多いです。必死に食らいついてきました。
    いろいろあり、問題もありますが、なんせ免許取らんといかんので、励んでおります。
    何かのご縁ですので、どうぞ無理せずブログと勉強に取り組まれてください。
    勝手ながら、応援しております。
    失礼します。

    • 名前:ビッツ 投稿日:2017/08/27(日) 18:06:04 ID:553c46a63 返信

      ひでゆきさん初めまして!
      同じアラサーということでテンションが上がっています(笑)コメントありがとうございます。お父様が3代目ということで、私よりもプレッシャーを感じていたことと思います。きっと自由に育てられていても、やはり最後は…と。父の背中に憧れを持っていたというか、もうそういうものなんでしょうね。
      私も「やるしかない」と一念発起し、現在は薬剤師国家試験対策の予備校に通っていますが、やはり現役生はすごいと感じています。薬剤師になりたいと強い気持ちを全員が持っているわけではない中、親の期待を背負い将来の安定を求め、それを原動力に頑張っている方も多いですよね。

      ひでゆきさんも今年受験されるという事ですが、絶対に103回で受かって下さい。同じアラサーからのお願いです(笑)私は今予備校で自分よりも若い先生の授業を受けています。生活はそれなりに楽しいですが、やはりハードですし、年齢を考えると時々自分が惨めにもなってしまいます。絶対に現役時に受かって下さい!!本当に応援しています。
      とにかく今は、やるしかない!!ですよね(笑)同じような境遇の方と話せて嬉しかったです。お互い残り半年、頑張っていきましょう…!!

  3. 名前:ひでゆき 投稿日:2017/08/30(水) 08:56:44 ID:b2e6efd16 返信

    ビッツさん
    おはようございます。お忙しい中のご返信、ありがとうございます!
    徹夜がキツく、夜通しの勉強は避けています。栄養剤の摂取量も増えました笑
    プレッシャーもありますが、合格後の様々な可能性に希望をもち励んでいます(特に婚活に笑)
    一度就職しましたが、そのなかでやはり保険(有資格)の重要さおよび実家のことも鑑みて再入学しました。
    確かに現役生はモチベーション高い子が多いですが、後継ぎは自分だけですね(^_^;)

    激励、ありがとうございますっ!
    自分も学校に予備講師が来てますが、自分と同い年の方か下の方も多いですね。
    確かに惨めになるときもありますし、彼女もいないので、周りの結婚ラッシュに焦っていますが、まずは受からねば(~_~;)
    今は最大限の時間とお金を勉強に投資しています、103回受かりましょうっ!
    こちらも話せて良かったです、ブログ楽しませて頂いています(*^_^*)
    季節の変わり目ですので、ビッツさんも体調管理に気を付けてください!
    勝手ながら応援しています!
    ありがとうございました、失礼します。

  4. 名前:薬学生A 投稿日:2017/08/30(水) 15:56:43 ID:fa5d2be36 返信

    ひでゆきさんへ
    はじめまして、同じく現役生の薬学生Aです。すくなからず、親の背中を見て育つことが
    どれだけのことをものがっているのか…時たまもたげてくるのは不安しかないです。
    親が医療関係者というのも時として負担になることもあると思いますが、資格をとってこそのことであると再認識の上頑張っています。
    このブログでいろんな方とのつながりがとれていることが嬉しいです。この気持を原動力に今後も精進していきたいです。

  5. 名前:ひでゆき 投稿日:2017/09/01(金) 11:08:37 ID:ea1af7e6a 返信

    薬学生Aさん
    コメントありがとうございます!
    恥ずかしながら再入学するまで親の背中を直視していなかったのか、後継ぎについては全く考えていませんでしたし、一度も言われたことなかったです。
    なので高校も文系でしたし(理系科目が苦手、むしろ嫌い)、1つめの大学も自分の好きな学部→就職先でした。そこでやっとはっきりと現実を見たといいますか、将来を考え直し、頭を下げて再入学させてもらいました。
    学んでいく中、とくに実務実習に出て改めて個人薬局の大変さ・親のしんどさを実感した次第です。
    負担や不安に思うときもありますが、それよりは申し訳なさと、この年齢(28歳)で資格なしの再就職は望めないという危機感が原動力です、自分の場合。

    本当に反省点の多い人生ですが、過去を生かして未来につなげていきたいと思います。
    自分も交流できて良かったですし、コメント嬉しかったです!
    今後も着々と励んでいきたいと思います、ありがとうございましたっ!