10000時間の法則とは?夢や目標を達成するためにかかる時間

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目標に向かい、日々頑張っている皆さん。

「10000時間の法則」というものをご存知でしょうか。

何かうさんくさ…と思った方、いると思います。私も実際そうです。

しかしこの法則から、成功を収めるためには一体何をすればいいのか、少しずつ見えてきました。

「10000時間」がヒントです。

スポンサーリンク

目次

「10000時間の法則」とは

法則の概要

マルコム・グラッドウェル氏が提唱した法則。

どの分野においても、プロフェッショナルと呼ばれる人たちは10000時間超を費やし努力してきたといった内容です。

マルコム・グラッドウェル氏にインタビューした記事がありました。

――あなたは1万時間練習すれば、どんな分野でもプロフェショナルになれるという理論を唱えた。

それは私がつくった理論ではない。私はそれを一般に広めただけだ。この1万時間は、方向性を持った、分析を伴う1万時間だ。私は、deliberate practice(熟考した練習)という表現を使うことにしている。外に出て、ゴルフボールを打つだけでは上達しない。弱点を練習する、練習方法を分析する、など常に長所と弱点に集中する1万時間だ。

日経ビジネスONLINE↗

ただがむしゃらにやっての10000時間ではないということですね。

そりゃあ…

10000時間も熟考した練習を続ければどの分野でもある程度はいけるでしょう

と、これは一般人でも推測できますが、下記の比較データが実に興味深かったです。

音楽学校でバイオリンを学んでいる生徒を、ソリストになりそうなグループ、プロオケでやっていけそうなグループ、そしてプロオケは無理でも音楽の先生になりそうな3グループにわけて練習量を比較。ソリストになりそうなグループは計10000時間ほどで、練習量が他のグループよりも飛躍的に高い。

天才! 成功する人々の法則

ソリストになりそうな、いわゆる実力が認められる生徒は、他の学生よりも練習時間が多かったということですね。

それが計10000時間ほどだったと。

「練習をせずに天才的才能を発揮する人」も、「いくら練習をしても上達しない人」の両者もいなかった。

天才! 成功する人々の法則

1万時間の練習を積むためには、10年間はかかるだろう。excellence(卓越)に達するために10年間自分をコミットさせるのは、非常に気が遠くなるようなことである。

天才! 成功する人々の法則

ここまでの内容で、皆さんも気付くことがあると思います。

頭をフル回転させた上での10000時間であること

ただ何も考えずに時間をかければいいというわけではありません。目標を達成するためには何が必要か細かく分析し、練習の質を高めていかなければいけません。

熟考しての10000時間です。

無作為に10000時間の練習をさせ得られたデータではない

10000という数は、実力(結果)が既に認められている生徒から得られた後ろ向き研究です。無作為抽出された集団に、10000時間の練習をさせ得られたデータではないんですね。

ですので、誰もが10000時間の練習を積めば100%プロフェッショナルになれる、といった法則ではありません。

天才的才能も、練習なしには発揮できない

コツコツ継続できることも一種の才能ではあります。

しかし、継続とは別の「天才的才能」を潜在的に持ち合わせているかどうかは、努力を続けてみないと分かりません。または、続けていくうちにコツを掴んでいき、一気に才能開花する場合もあるでしょう。

プロフェッショナルになる為には、努力+才能が必要となってきます。

この場合の才能とは、潜在的センスや、物事や自らを分析する力とも言えるでしょう。

サッカーを例に考えてみます。

サッカー選手を目指している子供たちが、小中9年間 同じ練習量を続けたとします。ここで既に、スタメン組と補欠組に分かれてきますよね。

同じ練習量ですので、この差は「努力の差」とは言い切れません。

差として考えられるのは、

  • 身体的能力の差
  • 質の高い練習が行えているかどうか
  • 自分の特性を理解しているかどうか

自らが希望したポジションではない位置で練習を続けていれば、才能が開花していたかもしれません。監督がポジションを決める場合も同様のことが言えます。

これは環境や運でも左右されますし、自己分析ができているかでも変わってきます。

現在日本代表として活躍されている長友選手や本田選手の学生時代は、正直「才能がある」人材とは言えなかったといいます。ただ人一倍努力を続けてきたと。

いつ才能が開花するか分からないのも事実です。

お二人は努力が功を奏した例ですが、努力を続けていけば才能が開花するとも限りません。プロになった人の中にはそういう人もいた、といった結果論に過ぎません。

上記の小中学生の話に戻りますが、既に才能が開花しており、実力が認められ、かつこの先も努力も続けた方も沢山いると思います。

しかしそれでも、全員がプロになれるわけではないんですね。

時間をかければ、どの分野でもある程度は上達する

言い換えれば、プロフェッショナルにはなれないかもしれないけれど、誰でも努力すれば上達はする、ということです。

好きなことを長年続けてきた人は分かると思いますが、どんなに頑張っても手が届かない領域というものはあります。

10000時間達成には、気が遠くなるような努力が必要だということ

ある程度は上達していきますが、何をやってもうまくいかない時期もあることでしょう。

何かを続けるということは、想像以上に大変なことです。

自分が今生きてきた期間で、長年継続しているものがありますか?

プロフェッショナルになるためのものではない趣味でも何でもいいです。

3年以上続けているものはどうでしょう。

1年以上は?

どんなに好きな事でも、目指したいものがあっても、継続している人にしかわからない苦悩が必ずでてきます。

10000時間は何日?何年?

1日9時間を3年間

仕事や学校ですね。

なので、よく言われる「仕事は最低3年は続けろ」は、未熟なままで辞められると迷惑だ、という話なのです。

プロフェッショナルになるために仕事をしている人は少ないと思うので、プロになれるかどうかは別として話をします。戦力になるレベルに達するまでの必要な期間、としての平均を考えると、3年くらいということなのでしょう。

これは間違っていないと考えます。

入社時の研修期間は新人だけではなく、指導側も大変な時間と労力を要します。ですので、会社側としては戦力になる前に辞められると困るわけですね。

学生の話をしましょう。

高校3年間同じ塾に通い、同じ学校に通った人でも大学合格者と不合格者が出てきます。

これは小学生から、いや、3歳から教育をやり直せば、誰もが希望の大学に合格できる学力を身につけることができるのでしょうか。

100%YESとは言い切れませんよね。

やはりこの法則には、努力だけではない力も必要になることが分かります。しかも、その見えない力はいつ発揮されるか分かりません。発揮されないかもしれない。

気が遠くなりますよね。

1日3時間弱を10年間

これならどうでしょう?

別の仕事をしながら夢を追いかけている人は、1日どれくらいかは夢の為に時間を費やし努力をされていると思います。

しかし、3時間弱を10年というのは「プロフェッショナルを目指す人のための期間」です。みなさんの目標によっては、短期間で達成できる可能性がでてきます。

ですので、ここにも物事と自己能力の分析力が必要となってきます。

本気で目指す夢や目標の為に私たちが今すべきこと

まず、夢や目標をいつまでに達成すべきなのか考える必要があります。

受験に関して言うと、大抵の試験が1年に1回行われています。

いつ受かりたいですか?1年後ですか?3年後ですか?

今年ですよね。

もう1年もありません。

受験前に1日12時間以上、など聞いたことがあるかと思います。学生が受験前に必死に勉強する理由を考えてみて下さい。

目標達成にかけられる時間が限られているため、人は頑張ることができるのです。

見えない力(才能など)も成功に影響してくるのが、人間の面白い所でもあり残酷でもあります。しかし、時間をかけ努力することは誰にでもできます。

とても大変なことではありますが、時間は平等なのです。

100%は難しくても、かける時間が長ければ長いほど、合格への確率は上がっていくはずです。10000時間の法則はそういった点に注目したのではと考えます。

サッカー選手もそうです。プロになりたい子供たちは、10代の頃に沢山の時間をかけ夢を追います。その瞬間しか「サッカー選手になる」という夢を見ることができないからです。

サッカーのコーチや監督になりたいのであれば40代からでも叶えることができますが、プロにはなれませんよね。

ですので、

  • 目標に期限があるとしたら、それまであと何年、何日か
  • 目標達成の為にはどれくらいの時間をかけなければいけないのか

まずこれらを考えるべきです。

この「10000時間の法則」で一番重要なことは、

自分が決めた夢や目標達成のための自己分析と努力を怠らないこと

だと考えます。

10000時間という数を提示することにより、何かを続けることの大変さや達成することの難しさについて具体的に考えることができました。

各々の夢に向かって頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

『10000時間の法則とは?夢や目標を達成するためにかかる時間』へのコメント

  1. 名前:れんか 投稿日:2017/04/29(土) 00:28:12 ID:91c3a9e5e 返信

    ビッツさん、ブログの更新おつかれさまです。
    私も101回に落ちての102回国試既卒組だったので、予備校生活が懐かしいと思いながら毎日拝見させて頂いています。

    薬ゼミは土日も授業があると聞いてたので、選びませんでしたが(笑)
    薬ゼミの友だちは、毎日遅くまで授業を行っているので、毎日がしんどいと言っていましたが、管理者さんは元気そうで良かったです。

    個人的に予備校生活がとても楽しかったので、予備校生活についてもっと発信して頂けるのを楽しみにしています!
    国家試験の勉強含めて、応援しています!

    • 名前:YYK・ビッツ 投稿日:2017/04/29(土) 11:36:18 ID:307584d66 返信

      れんかさんはじめまして。コメントありがとうございます!!
      102回受験されたのですね…!予備校生活本当にお疲れ様でした。ということは、薬剤師になられたのでしょうか?先生おめでとうございます!!
      薬ゼミはそうなんです…しかし私は留年経験もある為、あえて厳しい所を選びました。

      れんかさんは薬ゼミではないということですが、”予備校生活がとても楽しかった” のですね。これから予備校生活をスタートさせる私にとって、とても救われる言葉です。
      私は第102回薬剤師国家試験に落ちたため、103回に再チャレンジします。ですので、薬ゼミの講義はまだ始まっていないんです。
      5月の中旬から始まりますので、大変なこともあると思いますが、予備校生活は充実したものになる予感がしています。
      薬ゼミの講義が始まり次第予備校生ブログ更新を再開しますので、覗いて頂けると嬉しく思います。

      先生の予備校での勉強法などがあれば、是非参考にしたいです。あたたかいコメントありがとうございます!!

  2. 名前:れんか 投稿日:2017/05/01(月) 19:28:21 ID:ee62f9aa6 返信

    連日の更新おつかれさまです。
    私は102回に合格して、今は病院で働いています。
    予備校は、関西にあるメディセレの5月コースなので、GW明けから始まりました。管理人さんと一緒ですね。

    予備校での勉強ですが、
    一年コースは、予備校によってカリキュラムが組まれていますので、先ずは日々の内容が理解できる事を目標にするといいと思います。

    その上で、私の場合は、
    日々の内容がどのようにしたら半年後の自分の知識になるか、毎日意識しながら勉強していました。

    国家試験は2月末です。
    知識を半年以上保存するため、後に繋がる勉強を毎日するのが必要になります。

    また、既卒生の強みとしては、
    国家試験に向けて計画ができる事だと思っています。
    一度受けた試験と点数から、この時期までに何点をとり、どの教科や分野を伸ばすなど、大体の目標を立てる事が出来ると思います。
    目標を、自分が無理のない範囲でこなしていく、という事も意識していました。

    予備校によって、周りの雰囲気や、進み具合によって、自分の勉強するスタンスも変わると思うので、
    まずは、予備校に慣れることから始めたら大丈夫だと思いますよ(*^^*)

    • 名前:YYK・ビッツ 投稿日:2017/05/03(水) 00:33:22 ID:57ba06914 返信

      こんばんは!!先生は病院薬剤師さんなのですね…!
      私も今、病院への就職を考えています。もうアラサーなので受かる率は低いと思いますが(汗)
      「薬剤師は免許さえ取れれば就職はできるので、希望がなければ就活しなくてもいいのでは?」といった記事を書いたばかりですが、考え方が変わってきています。

      たくさんのアドバイス本当に感謝いたします。薬剤師予備校生としてブログを始めて本当によかったです。このコメント欄での会話になるだけでは惜しいので、先生のアドバイスを記事にさせて頂きたいのですがどうでしょうか…?引用という形での記事です。
      私と同じような国試浪人生に届けたいです。ハンドルネームは伏せる、といったことももちろん対応しますので、お手すきの際に返信頂ければ嬉しいです!!

  3. 名前:れんか 投稿日:2017/05/04(木) 01:01:09 ID:6e35a1fe4 返信

    コメント欄追記失礼します。
    私の経験でよろしければ全然大丈夫ですよ(*^^*)
    ビッツさんや、試験に挑む一人でも多くの人の力になることを祈っています。

    病院への就職を考えているんですね!
    就活については、希望するところがあるのなら、早めに就活するのもありだと思いますよ!

    国家試験前の就活は、希望する場所にもよると思いますが、厳しいところとすぐに決まるところに別れると思います。

    試験後の就活は、国試の難易度次第になりますので、行きたいところがでるかは運次第。といった感覚です。

    私自身も、資格を取れてからの就活が良いと考えていましたが、現役時代は周りに流されて就活を早めにやって失敗しました(*_*)
    どちらの就活も経験しましたが、
    今の就職先は試験後に内定を頂いた所になります。

    試験後の就活も場所さえ選ばなければ、どこでもあるのは事実だと思いますが、
    行きたい所があるなら、受けてみるのが一番だと思いますよ。

    • 名前:YYK・ビッツ 投稿日:2017/05/04(木) 15:29:49 ID:0e55b9199 返信

      こんにちは!!就活についても沢山のアドバイスと経験談をありがとうございます…!!
      先生は試験後の就活で内定を頂いたのですね!やはり国試前の就活と終わってからの就活には、それぞれメリットがありそうです。
      私も似たようなものでした。現役時代は教授にすすめられバタバタ就活を行いましたが、結果、就活先にも迷惑をかけましたし、自分を責める日々が続きました。就活アドバイスを参考にさせていただき、まず試験前の今、目標を持った就活をやってみようと考えています!

      記載の件についてですが、本当にありがとうございます!数日以内に記事を完成させたいと思います。お忙しい中たくさんのアドバイスありがとうございます…!

  4. 名前:れんか 投稿日:2017/05/10(水) 00:47:19 ID:32186abae 返信

    こんばんは!
    薬ゼミは、今日から予備校ですよね!

    前回のコメントでの『個人的に予備校が楽しかった』について追記したいことがあり、入れさせて頂いています。

    予備校で楽しかったのは、予備校での新たな人達との出合いです。
    通わなければ会うことが出来なかった人達と話せたり、共に勉強したりしたことが楽しかったです。

    ですが、予備校の中で、勉強とは異なる事で色々悩むこともありました(笑)

    今思えば、個人的には楽しかったですが、勉学と異なる悩みで時間を取られたことはどうかと思いましたが ・▽・
    ビッツさんは、そんな悩みが無いことを願っています(  ̄▽ ̄)

    今日からの一年間を、思いっきり楽しんで下さい!

    • 名前:ビッツ 投稿日:2017/05/10(水) 19:38:04 ID:b25bee521 返信

      れんかさんこんばんは!また覗いて頂き、さらにコメントまでありがとうございます!!今日が入校式でした。緊張もあってかとても疲れました(汗)先生がおっしゃっていたように、まず予備校生活のリズムに慣れていけるように頑張りたいと思います!
      「予備校が楽しかった」についての追記感謝いたします!私も人との出会いはとても大切だと思っていますし、予備校でも高めあえる仲間と共に頑張っていきたいです。記事で先生の言葉やアドバイスを引用させて頂きましたので、URL載せておきます。➡ 【先生からのアドバイス】入校前に薬剤師国試浪人生として心がけたい事

      「勉強とは異なる事で色々悩むこと」とは…!?なんでしょう、とても気になります(笑)しかし、勉強だけではない悩みもこれから出てくるかもしれませんよね…まだまだ不安が消えません。
      はい!!一年間大変なこともあると思いますが、予備校生活を楽しんでいきたいです!あたたかいコメント本当に感謝いたします。

  5. 名前:とある薬学生 投稿日:2017/05/13(土) 10:28:38 ID:82dd2af75 返信

    日をおいて、お疲れ様です。
    毎日がじめじめしてきていやになりますが、予備校生として青本授業が始まっていることと思います。
    ビッツさんが、病院就職を希望していると知り、仲間ができた気持ちでいっぱいでした。

    なんといっても、周りが調剤薬局を希望し内定をもらう中、私は一人病院見学に行ったり、志望動機を書いてみたりと細々と生活しておりましたから。

    病院への希望が途絶えることがないように頑張っていきたいと思いますが、一匹狼では辛いことも多くなると思います。

    どうか、早い段階で、道筋を決められることを強く望みます。

    • 名前:ビッツ 投稿日:2017/05/14(日) 19:03:23 ID:eb46dfd30 返信

      こんにちは!お疲れ様です。
      やはり薬局企業やドラッグストアは就職早いですよね。病院は11月にあるところもありますし。

      ですが、他学部と違い、薬学部は就活戦争はありませんし、私たちの目標は就職よりもまず薬剤師国家試験合格ですからね!合否が出て就活してる方もいますし、いつやるかはその人次第、といったところが薬学部の一つのメリットかと思います。

      私も現役時は教授に勧められ焦って就活をしたので、周りが気になるのもとても分かります。
      病院志望は今も変わっていません。お互い、病院就職と国家試験合格に向けて、自分との対話を大切にしながら頑張っていきましょう!
      敵は自分です!!(笑)

  6. 名前:れんか 投稿日:2017/05/14(日) 01:03:30 ID:194f5ee22 返信

    ビッツさんこんばんは!
    学校が始まって一週間というところですかね? どうですか? 馴れましたか?
    また覗きに来てしまいました。笑

    今、仕事の中で色々な薬に当たったりしますが、薬の相互作用など、試験のために蓄えた知識が生かせる瞬間があって、面白いなと思っていたりしています(*^^*)

    記事読まさせて頂きました。
    あのコメントから、凄く素敵にまとめて下さり、ビッツさんや管理者さんには感謝しきれないです。

    前は意味深な文章を送ってしまい失礼しました。
    私自身、予備校では様々な人との出合いを楽しみつつ勉強していましたが、
    時が進むと、教室の席のトラブルや人との関係などで、色々と問題に巻き込まれることもあり、正直、嫌になることもありました。
    現役では考えられない日常も、予備校にはあったりします(笑)

    ですが、その日常も楽しみつつ? 勉強の目標をぶれずに行えている人が、結果的に、周りでは合格している方が多かったと感じました。

    自分も、計画的に勉強が出来たので、直前に無茶などせずに、目標だった250点を越えることができました。

    既卒生も現役生も、これからは毎日勉強ばかりで辛いかもしれませんが、
    その毎日の勉強の積み重ねが、後々、役に立つ日が来ると思います。

    陰ながら応援しています(*^^*)

    • 名前:ビッツ 投稿日:2017/06/09(金) 00:03:12 ID:83b58b132 返信

      れんかさんこんにちは!!お返事が遅くなってしまい本当に申し訳ありません…自分の予備校生活も思ったより更新できないほどあっぷあっぷしています(汗)
      先生の体験談、多くのアクセスがありました!感謝致します。薬剤師になるために今頑張っている人の励みになっているはずです。
      試験のために蓄えた知識を意識しながらお仕事されていると…!!先生が実際に言葉にされると、今私たち受験生の希望になります。
      予備校での人間関係のトラブルは多いみたいですね。私は大学受験浪人の10代でそれを経験しましたが、25歳↑の薬ゼミでも問題はあるようでした。
      入校時に「そこまで対人関係について話さなくてもよくない??」というくらいしっかり話をしていたので、ピリピリしてくる時期になるとまた増えたりするんだろうとか、と考えてしまいました。
      しかし先生は大変なことも沢山あった中、結果として予備校生活が楽しかったということでしたので、私もそういう1年にしたいです。
      今1ヶ月経ちましたが、正直本気できついです(汗)しかし、先生みたいに直前に焦ることがないよう、今はもし伸び悩んでもコツコツ頑張ってきたいと思います!!

      先生の250点越えや、予備校での人間関係について、ブログで共有させて頂きたいです。先日も訪問とコメントとても嬉しかったです!またそちらについては後日書かせていただきます!

  7. 名前:薬学生A 投稿日:2017/06/09(金) 08:47:46 ID:caac20301 返信

    人間関係で悩むのは時間の無駄と考えるべきですね。そもそも、大学受験の浪人時の時に
    予備校は友達作りの場ではないということを言われました。それもそのはずですね。勉強する環境であって、友達作っている場合かよって。そう思うのが普通の受験生であったのだねって感じました。でも、薬剤師国家試験の予備校でもあるんですね。驚きです。

    私は、一人で行動することになにも感じなくなりました。結局自分がどれだけ頑張れるのかが勝負になるからなって。

    勉強するのは自分であって、試験を受けるのも自分であるということ。
    そういう認識を持っておかないと、全く逆効果になってしまうのではないかと感じた
    次第です。

    競い合って相乗効果を出すのもありかもしれませんが、人と競い合うよりかは、今の
    自分より未来の自分に向けて頑張っていくことが必要であるかもしれません。

  8. 名前:まい 投稿日:2017/06/19(月) 17:56:16 ID:8b450f46c 返信

    はじめまして!
    大変興味深く記事を拝見しました。
    私は1年大学浪人を経験し浪人してからも希望の大学に行けず、いわゆる「底辺」と言われてしまっても仕方のない大学に通っている薬学生(6年)なのですが、周りが薬局やドラッグストアに内定をもらっている中、孤独と闘いながら名の知れた大きな病院へ就職することが決まりました^^
    103回国試、共に頑張りましょうね!
    ビッツさんも病院希望なんですよね、応援しています!
    そして10000時間には到底間に合いませんが(笑)、今日も研究室で勉強頑張ろうと思います!これから息抜きに拝見させていただきますね!

    • 名前:ビッツ 投稿日:2017/06/20(火) 18:37:21 ID:4eb65effa 返信

      まいさん、はじめまして。コメントありがとうございます!まいさんも浪人経験があるのですね…。私も同じく、なので、気持ちわかります。しかし別記事にも書きましたが、薬学部で長い年月を過ごし、まず6年生になれた自分を誇ってくださいね!

      そして内定おめでとうございます!!確かに病院は、薬局やドラッグストアよりも就活が遅くなりがちなので焦りますよね。しかしよかったですね…!私も今月面接と薬理のペーパーテスト、小論文があるのでバタバタ対策しているところです。

      こちらのブログ記事を読んで下さったのですね!ありがとうございます。この10000時間の記事は、管理人YYK先生が書いて下さっていますが、「プロフェッショナルを目指すためにはそれくらいの時間が必要」といったものなので、薬剤師国家試験はそんなになくても大丈夫です!(笑)試験をパスするためだけの時間で良いはずなので、65%以上を目指せればOKですね♪
      ただ、やはり時間はかけなければ合格できない試験になっているので、これから数ヵ月かけて頑張っていかなければいけませんね…!このサイトが、まいさんの勉強の息抜きになれたら嬉しいです。

  9. 名前:薬学生A 投稿日:2017/06/20(火) 08:53:38 ID:fa6a60a85 返信

    まいさん、同じく六年の者です。
    孤独との戦いということが普通になりつつあるなかで、自分が将来薬剤師としてどういう方向で生きていくことがいいのかを考える機会になっているのではないかと感じています。
    私も、一人で病院の就職を目指して頑張ります。

    共に、勉強頑張りましょう。

    • 名前:まい 投稿日:2017/06/21(水) 17:28:30 ID:b659abda1 返信

      薬学生Aさんも6年生なんですね!
      孤独との闘いが普通になりつつあるって悲しいことですよね^^;
      確かに最後は友人や同期と仲良く、なんて綺麗ごとでは済まされない試験ですからね。
      私は精神科領域の認定・専門資格を取得し、精神疾患のある患者に寄り添うだけでなくリエゾンチームでも活躍したいと考えております。(病院の面接で珍しいと言われました笑)

      薬学生Aさんも希望の病院に内定されること、祈っています^^
      共に頑張りましょうね!!

  10. 名前:薬学生A 投稿日:2017/06/29(木) 14:05:33 ID:543c1b324 返信

    まいさんへ
    不採用の重みに押しつぶされそうになっているのが現実ですが、とにかく次を頑張っていくしかないかなって感じでいます。

    私も孤独で戦いながら、頑張って国家試験勉強・就職活動・学会発表を頑張っていきたいと思います。

    人生これで終われるかって思って頑張ります。